怪物クン

ロッテ・佐々木朗希投手のファンブログです

3.10対ホークス・オープン戦

 

'24.3.10 対ホークス

3回 57球 被安打4 与四死3 失点0 三振5

球速MAX 157キロ

 

1回 18球

①156→ヒット

②?→遊ゴロ

③141b、156b、155b、153見s、140見s、155→空K

④141b、140b、156空s、157空s、156b、142→四球

⑤155空s、153b、142空s、142→スイングK

 

2回 18球

⑥134b、?→ヒット

⑦?→右フライ

⑧?→ヒット(内野安打、フォローに入った茶谷さんに?サードのキャプテンに?手で何かジェスチャー

⑨155空s、154f、154b、?(wp)、157→見K(生明さんの「ジャストルッキング」って実況が面白かった)(初芝さん「今のはストレートを待っていてもちょっと難しいような高さ・コース、申し分ないボールでしたね」)

①141b、154b、141b、155b→四球

②154b、154見s、139空s、155b、142→スイングK

 

3回 21球

③152b、150f、139b、151f(バッター近藤さん、タムさんに何か聞いた感じ)、156f、(首を振って)156b、151→死球

④154b、143b、?→2ゴロ、セカンドのみアウト

141空s、142b、何度か頷いてからセットへ154見s、154b、142b、?→ボテボテでヒット

⑥?f、142空s、143→空K

⑦141b、?→2ゴロ

ロッテ1‐1ホークス

 

タムさんとのバッテリー感慨深い。朗希の1軍デビューの日、タムさんだったよね?

あの日もオープン戦、相手が中日で、1イニングだけだったけど、降りたあとに「超楽しかったっすね」って言ったのがすごく印象的だった。

 

あのとき梶さんグッジョブ!!投げ終えた直後だったから聞けた言葉だったと思うのよねい。興奮のさなかで、本音中の本音だったと思う。

少しでも間が空いていたら、振り返りとかもして冷静になって、あんな野球少年みたいな純粋な言葉は聞けなかったんじゃないかって思う。1軍の試合のマウンドは特別な場所なんだって改めて思った。

 

タムさん、平地でやるキャッチボールも球が速くて怖いから、松川くんとか都志也さんにやらせてる、とか言ってたから、組むことはもうないのかと思ってたから嬉しい。

 

朗希が2年目かな、たしか石垣島のキャンプ中、ブルペンで立ったまま朗希の球を受けたあと、くしゃみとかまばたきしてたら死んじゃう、って言ってたの笑った。

 

1軍デビューの日もさ、サインに首を振ったであろう朗希に苦笑して、はいはいコレが投げたいのね、って感じに頷いたタムさんがすごく好きだった。余裕ある先輩って感じがした。

しかしデビューでサインに首振るのもけっこうすごいと思ったんだけど、ほかのピッチャーでもあることなのかな?

 

3.12。東北の震災から10回、3.11を越えた日だったね。毎年オープン戦の最中だから自然な巡り合わせなんだろうけど、なんか付いて回ってくるね。

今年は3.10に先発。「僕にできることは野球を頑張ることだと思う」ってコメント、年取ると涙もろくなるってホントなのねい。もうやだよう。

 

これはあとで書くとして、1軍デビューの日の清水さんの実況が超絶良かったのでメモ。

21.3.12

「待ってたぞ」という、そんな拍手に送られて初めてZOZOマリンのマウンドに上がります。

ついにベールを脱ぐ令和の怪物、二年目、佐々木朗希、背番号17。

 

十年前の今日というのは失意に暮れていました、9歳の少年。

本当に今日そして明日を生きるために、想像を絶する現実に直面しながら小さな一歩を踏み出しました。

 

そんな中、助けてくれたのが野球との出会いでした。

つらいときも頑張って生きていくことができました。

今まで支えてくれた野球、そして家族。

すべての人々に恩返しをするためにあれから十年、今日が21年3月12日。

プロ野球選手、佐々木朗希の第一歩になります。

 

二年目で初の実戦登板。期待も不安もありますが、もう兎にも角にもここに今、立ったことにすべての、今日は成果というふうに捉えたいですね。

 

対戦した中日の選手たちのコメントもついでにメモ。

与田監督

「いい投手。手足も長くしなりもある。力んで引っかかった球もあったみたいだが、球界を背負っていくような投手になるだろう。

対戦したらウチは打たないといけない。苦労しそうだけど、素晴らしい投手でした」

京田選手

「初球を打ったのでなんとも言えないが、マウンドでの立ち姿に華があるなと思った。

日本中が注目している投手だなと思った」(149キロを1ゴロ)

ビシエド選手

「素晴らしい真っすぐを持っている。今後の活躍を敵ながら応援したい投手だ。真っすぐで勝負できる投手になって欲しい。

(見逃した球は)いいところに決められて手が出なかった」

 

外国人選手のこういうところ好き。いいものはいいって手放しで称賛できる。

オープン戦だったし、解説の立川さんも言ってたと思うけど、勝負を楽しんでる感じが

ビシエド選手にはあったと思う。朗希もたしか全球真っすぐだったんじゃなかったっけ、ビシエド選手には。

 

最近、というか昨季のオールスターあたりからとくにかな。ちょいちょい、朗希ってもしかして鬼メンタル?って思うこと増えたんだけど、振り返ればデビューでもけっこうな強心臓だったようで。いいわあ。やっぱピッチャーはそれくらいじゃなきゃ。

 

お、試合のこと何も触れてない。

この日も真っすぐはまだって感じだったけど、毎回ランナー背負いながらゼロに抑えたのが凄かった。

 

 

毎対戦で思うけど、甲斐さんにすんごく投げやすそう。

CS1st.のホークスファンの愉快なまとめ動画で、「甲斐にそんな全力で投げんでも」ってコメントに笑った。ストライクゾーンがちょうどいい感じなのかね?

 

近藤さん、抜けた球を上手によけてくれて安心した。わざとじゃないっていうのは大前提にしろ、オープン戦とか練習試合ではね、死球は与えたくないよねい。

塁に進むときも謝った朗希に微笑んでくれたように見えた。お互いある程度好きにはなっちゃってるだろうねい。一度共闘した人にはねえ、敵味方以外の感情があって当然かと。

 

WBCは、負担とか時期とか負けたら終わりに行くまでの組み合わせの単調さを見ると、出る意味あるかなあ?ってなるんだけど、他チームの一流選手と共闘できるっていうのは、すごく魅力的。

真剣勝負だからオールスターでは得られないものもあるだろうしね。

 


しかしこの日はビジュ爆発ってやつだった。

ブログで取り上げる内容が完全に個人的な趣味になるのはヨシとしてるというかそれしか書けないんだけど、見た目のカッコイイ!可愛い!!よりは、プレー中のそういうのを書きたいと思ってるんだけど(カッコイイ可愛い言われてるのを見るのは大好き)、この日はしゃーない。

 

高校時代の坊主頭や、少し伸びた1年目を見るに、こんなにふわっふわヘアーになるとは思いもよらなんだ。

試合観てるサイトにスロー再生機能があったなら…もしくはPCのスクショに連写機能……そろそろ髪切るだろうし、その前に保存の画像をこの日の朗希でいっぱいにしたい。

 

朗希って年齢を重ねるごと色っぽくなっていく人じゃないかなーって思っていたけど、22歳の今でもうスゴイ。どうしたんだ。どうしたんだってなんだ。

 

 

 

2月から今日(3.15)まで

 

ふだんと同じ速さで時間流れてた?

今日時点、気づけば朗希、3試合も投げ終わっちゃってる!

気づいてたけど。見てたけど。何してたんだあたし。

 

2.25対ロッテジャイアンツ、3.3対西武、3.10対ホークス。

まとめて載せましょ。とりあえず2試合分。書いてはいたんだけどなーなにしてたんだ。

ただでさえ見づらいのに拍車がかかるね……。当ってるのかこの言い回し。もういいや、いつも改行のバランスとかこだわってたけどナシナシ。行っくよー!

 

'24.2.25 対ロッテジャイアンツ

1回 13球 被安打1 与四死0 失点0 三振1

球速MAX 154キロ

 

1回 13球

154b、152s、152b、154f、138→空K

②154b、152b、151→ヒット

③?f、138b、138b、153→邪飛

④154→遊ゴロ

ロッテ8‐1ロッテジャイアンツ

 

 

今季初実戦。球速も初めて見られた。

キャッチャーからの返球も「94キロ」とか出るときがあって面白かったけど、精度はだいじぶよね?バラけてなかったしねい。

 

 

初球ボールだったけど、コース気にせずドン!って投げた感じが気持ちよかった。

キャンプ見てて、フォーク磨いているのかな?って感じて、それが正解かどうかは分からないけど、この日のフォークめっちゃ良く見えた!

 

昨季までは右にも左にも落ちるって、褒め言葉で言われていたけど、この日のフォークはストンって真下に落ちる感じ。キレイだった。

 

シュートした直球はバットに当たると良く飛ぶからよろしくないって言われているけど、左バッターへの逃げていくようなシュート回転は、それはそれで武器になるんじゃないのかな?って思ってた。

 

でもやっぱりキレイな真っすぐを見るといいな、と思うし、フォークもそうかも。

スライダーと差ができそうだしね。

というか何にしろ、そう投げようとしているかが重要なのかな。

 

この日の実況・解説は吉田伸男さんと薮田さん。

1イニングしか投げなかったから、ふたりしてもっと見たかったとか言ってた笑

吉田さんと薮田さんの言った意味は違うのかもしれないけどねい。

 

吉田さん、キャンプ中継見てさらに好きになった。試合じゃないから、公平も何も考えなくていいだろうからただのファンで、親近感すら沸いちゃった。

 

言い方違うけどニュアンスで、朗希がブルペンに入った日は録画してそこだけ後で見返すんだって。日本酒を吞みながら。朗希の投球が酒の肴になるんだって。

 

なんか分かる。私は朗希が好きだからっていうのと、何か違いはないかって目を皿のようにして見るからというのはあるにしろ、朗希のところだけ何回も見ちゃう。

飽きないし、気持ちいいのよねい。華があるってゆーの?こういうのをそう言うの!?

 

1イニングだけだったのが残念というより、小島さんも種市さんも2イニング投げていたから、同じにして欲しかったなとは思った。マスコミに餌を与えないで欲しくてさ。

アホな考えなんだけどねい。なんでマスコミ気にしてペース変えにゃならん。ねえ。

 

今回の一連で動じないし相手にもしなかった朗希を見られたのが良かったんだけど、けど癪なんだもん。

 

髪が伸びたね。

 

01:51:44、00:51:38、00:56:18、00:58:22、1:18:07、1:21:57、1:22:58、1:23:29、2:00:50、2:47:14降板コメント、2:53:25(岡選手HR!!)、2:55:46(角中さんヒット!)、2:56:00、2:58:58(試合終了、荻さんと会話)、2:59:16

 

'24.3.3 対西武

2回 13球 被安打2 与四死2 失点1 三振0

球速MAX 157キロ

 

1回 19球

①?s、134b、?→ヒット

②149b、152b、153f、157b、154b→四球

③154b、?→ヒット…1点

④141b、154f、154b、150b、153空s、155→四球

⑤154f、?→投直…併殺

⑥?→左直

 

2回 8球

⑦?b、?→中飛

⑧?→中飛

⑨145見s、139b、137見s、157f、?→遊ゴロ

ロッテ6‐2西武

 

1回無死満塁をピッチャーライナーで併殺に抑えたあと、「ツーアウト」ってジュスチャーを野手に見せたとき、安田さんに笑いかけていたように見えた。後ろ斜めからの角度で表情見えなかったけどねい。

 

安田さんが一塁にいるのが見ていてまだしっくりこないけど、もろもろのコンバート、ハマるといいなあ。

キャプテンも守備の負担を減らしてバッティングに集中できるように、みたいな狙いもあるそうだけど、当たって欲しい。

 

中村奨吾選手、今季はキャプテンじゃないけど、呼び慣れ過ぎてるし気に入っているので今季もキャプテンでいっちゃいます!

朗希の背中の表記も『R.SASAKI』のままで嬉しい。

 

好きな人の背中見るの好きでねえ。そういう写真ばっか増えちゃう。ほかの人が撮影したのを見るときは表情バッチシ見えたほうが嬉しいんだけどねい。

 

マリンで一回だけ、朗希だったよな!?って距離で見られたことあってねい。

そのときも背中だったんだけど、しかもファン感の日で白いパーカーのフード被ってて、シルエットだけ見えたレベルだけど、めちゃめちゃカッコよかった。

 

このときはさすがに顔見たかったけどねい、でも後ろ姿だけであんなにカッコイイんだーって思った。

 

 

今季ここまでの調整、いいペースそうに見えてる。順調かどうかは朗希のみぞ知るところだけど(或いはコーチも?)、自分のペースでできていそう。

 

昨季はWBCに合わせて通年より早めの調整ってあったけど、むしろWBC終わってからがずいぶん急いで調整したように見えた。8キロ増量したとか?

 

ヤセ型でも和田きゅんみたいに食べても増えにくいタイプじゃないって分かったのは良かったけど……ろーたん呼びは気が引けるのに、和田きゅんは気にならない不思議。

朗希はろーき!って感じがするから、ってどうでもいっか。

 

全身の筋肉の付きかたも、今季のほうがバランス良く見える。

太ももからお尻にかけて大きくなったって各所で目や耳にしたけど、むしろスッキリしたように見えているんだけど、短パンのときの膝、ちょーキレイだった。バレリーナみたいに縦に締まっててねい。

 

フォームも変えてるよね?スポニチで朗希フォーム変更!みたいな記事あったけど、スポニチの何を信じろと、と思ったけど(けど読んだ)、違うようには見えてる。

ずっとこれでいくのかは分からないけどね。

 

吉田さんがキャンプ中、フォーム変わりました?って薮田安彦氏と清水直行氏に聞いてて、ハッキリした答えはなかったけど、吉田さんの瑞々しい目でそう見えるのは、信じていいんじゃないかと。あは。疑心暗鬼継続中。

 

グラグラしてるときってダメよねい。すぐ揺らぐから。朗希に対してはないけど、以外の人、監督すら疑いの対象になってるから。

清水氏もキャンプ中継で、うわ好きじゃないタイプかもってなっちゃった。前から怪しさはあったんだけれども。ま、いいね。

 

 

シュート回転が多かったけど、指にかけようと思ってたのにかからなかったのなら、これから修正してくれるでしょう。

毎回同じ箇所にマメできるみたいだからねい。フォークで挟むからだけが原因じゃなさそうだから、できにくい投げ方を模索しているのかなーって見てた。

 

朗希は人差し指と中指をピタッとくっつけて真っすぐを投げるけど、その中指がズレるとシュートになるって聞いた。そうなると力入れるから擦れるよねい。ピッチャーでもマメできない人はぜんぜんできないらしいもんね。不公平だ。

 

でもあの握りだからあの球速が出るんだったら代えがたいし、得がたいから、せめてできる回数が減って、少しでも楽にシーズンを過ごせるようになってくれたらいい。

 

ところでプレミア12って参加しなきゃダメなもんかね?

種市さん選出されて、活躍してくれて、そういうのやっぱり嬉しいけど、2026のWBCはまだしも、プレミアまでは…ねえ。

 

WBCすらトーナメントの組み合わせが同じならもういいんじゃないかと思ってる。ロッテのほかの選手はどんどん出て欲しいと思っていたけど、でもやっぱり、負担が大きいならムリして出なくても…とは思っちゃうなー。

 

見本市みたいな側面あるだろうし、独立リーグとか社会人でやってくれればいいのにな。

日の丸を背負って戦うことってそうないから、出たいと選手本人が思っているなら、選出してもらいたいけどねい。

 

 

終了後、裕大さんの腰に回した手に裕大さんが触れて、外されたのかな、と思いきや逆に手を取ってバックハグみたいになってたねい。なんなのもう。泣きそう。

 

1:43:25(降板後コメント)、3:12:27、3:13:36、3:21:34、3:26:02(藤岡さんにぴとっ)、3:26:22~(ハイタッチ)、3:26:46(ハイタッチ朗希側)、3:27:10(安田さんとお話)、3:27:49(ミーティング)

 

 

 

ショックだ……

 

本前くん……。

現地組の動画で試合観させてもらったけど、あの瞬間やばかった。怖かった。

脱臼したみたいに腕が…それで骨折だなんて。骨折であんなふうになるもんなの?

 

私、痛そうな映像とか見るの大の苦手で、文字で読むだけでダメだから詳しく調べられてないんだけど、投球骨折とも呼ばれるとか、捻りが生じることで起こるとか目にして怖くて仕方ない。

生じるも何もわざわざそうしてるんですが……ああ、それで投球骨折とか呼ばれるんだ。

だから怖いって!

 

フォームに無理があると、とかも見たから朗希の投球フォームと見比べてみたけど、分かる筈もなく。今季とか考えなくていいから、じっくり治して戻ってきて欲しい。

ロッテはケガしたからって放出するイメージはないんだ。育成にはなるかもだけど、戻る場所があればさ。とはいえチームに貢献できないとか迷惑とか何も考えないで欲しい。

復帰だけ願ってる。

 

ああ、しかしショック。この時期ケガだけが本当に怖い。

今日(2/21)もオイオイってほどの大敗したけど、べつにいいさ。せっかく課題が見えたからね、シーズンまでに潰してってくれればね。

 

セ・リーグ知らないけど、この時期に中日が強いのは春の季語くらいに思ってるし、っていうか、大敗は置いておいて、キャッチャー代わってから10失点って、だいじぶ?

菊地くんがあんなに通用しないとはちょっと意外だった。1、2、3でタイミング取りやすそうとはいえ、ゾーンで勝負し過ぎとかなかったかしら?まあ球審も辛かったとはいえ。辛かったというかまちまちだったというか。ダメじゃん。

 

朗希じゃないからさ。菊地くんも球威はありそうだけど、朗希をリードする感じだと…ってやめよ。

ただ昨季、吉井監督が松川くんを二軍修行に出した意図が形として見えた、かも。

 

「例えば一軍で佐々木朗希とだけバッテリーを組むとする。そうなると正直、リードではなくて力で抑え込むことができてしまうことが多い。

ただ本来はそうはいかない投手のほうが多い。

ストレートで押し込めない投手もいれば、コントロールが悪い投手もいる。

 

二軍でいろいろな投手のボールを受けて、その中で工夫をしてリードすることも覚えて欲しいという思いもあった。

調子が悪くてどうしたらいいか苦労している投手を、どのようにリードして打者を抑えていくのか。そういうものを学んで欲しいという思いもあった」

 

てっきり打撃修行に行ったのかと思っていたけど、こういうのもあったんね。

そうねい、朗希が降りたあと動いた試合も多かったし、朗希⇒継投の試合観ると、ひとり次元が違うことやってるな、って思ったりするもんねい。

 

朗希の場合、ヒットが出るか出ないかみたいなレベルが多くて、ギー太くん、じゃなくて無理本監督。の、

「どやって打ったらええねんあいつ。あいつ160キロ投げて150キロのフォーク投げて三振取ればええと思ってるやろ。このスポーツ。まあそうなんやけど」

っていうのに笑った!まあそうなんだけどね、そうできるピッチャーなかなかいないね。(23.4.21試合後動画)

 

 

 

沈黙は勇気

 

ふだんスポーツニュースを見ていなさ過ぎて、どこで何時からやるのかも分からなかったんだけど、とりあえず見られたのは三局で、どこもほぼ同じ部分を流していたねい。

 

もうあとは文章で見るしかないんだけど、どこを見ればいいのやらと思いつつ、まあほぼ目は通したかな。

 

共通していた文章で、「なかなか公の場で、自分からコメントを出す機会がなかったので、報道などで、誤解などご心配をおかけしてしまったなと、まずはファンの皆様に最初に伝えたいなと思ってます」

 

お詫びしたいと思っています、とかなくていいなって思った。お詫びすることないもんね。

 

野球系YouTuberっていうのかしら。中ではB-モレルくんとギー太くんが好きなんだけど(どっちもロッテファンじゃなくて悲しい!)、モレルくんが楽天の辰巳選手の奥さんに、契約更改が済んでいない理由を聞いたんだけど、奥さんが

 

「ファンにとって契約更改ってどんなんなの?」

「私からしてみれば夫の仕事の話じゃん。しかもお金のかか(わ)ることだからセンシティブじゃん。べつに自分の好きなタイミングですればいいし、しなきゃしないでいいし。

彼の好きなようにしたらいいんじゃないかなって私は思ってる」。

 

なんて素敵な奥さん…!

とくに、ファンにとってなんなの?っていう部分、ほんとそれだよね。応援している選手のことだから気になると言えば聞こえはいいけど、気にしたって金額も条件も変わらないし、大幅減俸になったってファンが補填するわけじゃないし。

ストーブリーグの暇つぶしのために話題を提供するのまでが選手の仕事とは思えない。

 

今回に関係ないけどいつも思うんだけど、記者って会見前に質問考えないの?

いくつも報道機関が詰めかけるんでしょ。先に指された人が何を聞くかなんて、大体予想つくでしょ。順番があとになったことを想定して質問を考えるのは仕事だと思うけど。

 

同じような質問ばかりされて、時間取られたわりにどこも似たり寄ったりの記事内容で、ってなったら、取材嫌いになっていく選手が中にいても、責められないと思う。

あと誤報だったらちゃんと謝って欲しい。謝ることが威信とかに関わるなら、せめて正確な続報を出して欲しい。これがないからどんどん信用できなくなる。

 

もしもよ。実績のないルーキーでマスコミ嫌いがいて、一切取材を拒否したらぶっ叩くんでしょ。ひとりの人生狂わせるほどの粘着で。勘違いし過ぎ。

 

さて。

会見で透けて見えてきたのは、どうも朗希は交渉の場にいなかったぽいね?

代理人を通して、とのこと。

 

あと、投げられてはいるみたいで良かった!!

(Q.すでにブルペン入りしている?

はい。球数というよりも、しっかり傾斜で投げる感覚とか、そこから時間がかかるかなと思っているので、少しでもいい状態でキャンプインできるように準備はしてきました)

今回なにが心配だったって、思うように自主トレできてるのかな、ってことだった。

 

マリン行くにも記者がもしいたら面倒そうだったし、毎年使ってるっぽい岩手の場所は、設備が整っているわけではなさそうだったから、体つきも含めて心配してたけど、大きくも小さくも、目に見えて変化はなかったねい。スーツだから分からないけどねい。

 

何より表情も声もいつもの朗希だったから、やっぱり映像で見られるのは大きいな。

目に力も輝きもあって、不安げな様子はなかったし、周辺の騒ぎで自分を見失いかけてるとか一切なさそう。私の好きな朗希のままだった。

 

私なんてユラユラしまくってるからさ、今回いちばん不信抱いたのロッテファンだよ。

マスコミはね、初めから多少疑いの目で見てるし、何を信じるかは自己責任と思っているからまあいいんだけど、匿名制って本当に厄介。

 

実名を出せとは言わない。そんな危険冒す必要ない。けど、SNSと紐づけするとか、IDを簡単にいくつも作れなくするとか、もう少し縛りがあったらなあとは思う。

ユーザーIDなんて軽薄な書き込みする人ほどコロコロコロコロしてるだろうからねい。

 

反対意見や批判をオールシャットアウトは良くないと思っているけど、ちゃんとしている人のを見たい。

まだ粘着質でどこにも登場するアンチのほうが除外しやすくていいや。

 

あとなんで目線が片手で数えるくらいになっちゃうんだろ?批判的な意見ほど幅が狭くなる気がする。同調圧力

 

『今回の佐々木を擁護するとかではなく、7、8年の一方的な保留が”球団の権利”で

まかり通ってる実情については異を唱えるべき。

批判覚悟の更改拒否の末、今オフのポスティングを得たならば素直にすごいと思う。

一見わがままに見えるけど、よっぽど健全な労使関係に感じる』

 

2ちゃんまとめ久々に見て、ほぼ唯一、いいなと思った意見。

でも絶対ロッテファンじゃないんだろうなあ。はあ。

 

今回に関して動画を出したOBのもほとんど見てない。高木豊さんだけ見て、ほかもいつか見るかもだけど、里崎さんとか今後も見ないかなー。

 

里崎さんも今ひとつ信用度低い。ロッテに対して厳しいのは、愛情だと思えるけど、朗希個人に関しては疑問符がつく。最初に見たのが酷過ぎたんでねい。

これもどっかに書いたっけ。下書きが多過ぎてどれを上げたかごっちゃになってるわ。

ということで、これはまた今度。

 

高木さんの動画で知ったのは、25歳以下でメジャーに行くと金銭面で球団にうまみはないけど、選手にはそうとも言い切れないらしい。濁してたけど。

加えて25歳以下で行くとマイナーからのスタートにはなるけど、結果を出せばすぐに昇格できる?これも明言は避けてたけど。

 

高木さんの動画で聞き役の女性、朗希が甲子園で初勝利して、ウイニングボールは両親に、って話のとき、泣きそうになってたっぽいのに、今回高木さんが金銭面で選手には…って話したとき、じゃあその穴を狙って!みたいに言っててガッカリした。

 

こっちが本性って思っちゃうからイヤなんだ。褒めるより貶すほうが本性って出るだろうから。べつに全員に朗希を応援して欲しいなんて微塵も思ってないけど、味方面が本当にきらい。

 

ただ今回、朗希もほかのロッテ選手も沈黙を貫いてくれたのは本当に嬉しかった。

偉い。賢明。強い。大好き。

 

 

 

いろいろあった

 

遅筆というか書いている内に、あーでも、そうだこれもあったじゃん、ってあっちこっちしちゃうから(あほの典型)、これだけいろいろあると大変だ。

あっちこっちしたいためにブログやってるんだけどねい。

 

12・5にほっともっとの会見?で動くなま朗希見てから、みなさんどこかで見ましたか。

なま朗希っていうのとも動いてたっていうのともちょっと違うんだけど、私は12・29に

見ました。

 

西武・平良投手がゲーム実況やっていて、そこに朗希が100円投げてた。平良投手も、佐々木朗希から謎の100円が来ました、とかって言ってた笑

 

オンラインゲームやらないから分からないんだけど、あれって本物?

朗希の名前の先に平良投手のアイコンとハートマークみたいなのあったかと思う。

相互…なんていうの。お互い相手を認識してますよーみたいなマーク。

 

ひとつでも多く情報が欲しいと思いながら、Xもインスタも、そのほかにも今なにかあるのかな?何もやっていないんだけど、やっぱりスピードを重視するならやったほうがよいねい。ロッテの公式なら真偽を見極めるも何もないしね。

 

今回も、朗希ロッテと契約に合意って記事見て、朗希のインスタ見に行って、自然と涙が落ちて自分で自分に引いた。安心したんだな。

病気とかじゃなきゃいいよ、ってそれがいちばんの願いだったけど、もう少し望んでいいならば、今季もロッテで見たかったからね。

 

今回って何から始まったんだっけ。スポニチってだけ覚えてるんだけど。

契約更改の越年が決まりました、で、いきなりポスティング要望してるって記事だっけ。ここ逆だっけ。で、X氏?で、選手会脱退?

 

ゲームに投げ銭?してたとき、すでにスポニチの一報は出てたんよ。でもこの朗希見て、なーんか大丈夫そ、ってなった。

ただ”SIGNED”って投稿も、登録?していれば送られてきたんだもんね?考えますか…。

はてなマーク多いけど文字化けじゃないです笑

 

次。

ホークスの今宮選手が、友だちの結婚式へ向かう車の道中で同乗者の質問を受けた動画で、現役でいちばん凄い投手に朗希の名前挙げてた。

「まぁもうそれはもう朗希でしょ。いちばんは。佐々木朗希」

 

私、オールスターのときも書いたかな。関わりなさそうな選手から「朗希」って呼ばれるの大好きなのねい。「佐々木朗希」って呼ばれても何も思わないけど、「朗希」だと反応しちゃう。といううっすらフェチの話でした。

 

ジャンクSPORTS有吉ゼミ

母が、「ロッテって朗希がいるとこ?」「そうだよ」「激辛食べるのに出てたわよ」

誰?と聞いても当然分からず、ふたり、朗希との写真も出てた、とのこと。

クソ―見逃し配信見るしかないか…。まあ見られるだけいい時代だ。

 

そしたら益田さんと横ちん。完食しててビックリして楽しかった。

横山くん、当初は朗希朗希で誰も自分を見ていなかったから、気楽にできた、みたいなの見たことあるけど、見切れてる自分を見ると思うところはあった、みたいな話していた。

 

ふむ…。でも横ちんは、ロッテのクローザーになれると思う。勝ちパのクローザーなんて花形よね。あなただけの舞台。

 

ジャンクSPORTS

スポーツ選手が出るバラエティー番組でジャンクがいちばん好き。というより選手を取材する芸能人?、浜ちゃんがいちばん好き。野球は中居くんが今後も多いだろうけど、苦手っす。

 

ウチの球団のここがスゴイみたいな話題で、益田さんが、”佐々木朗希が所属している

こと”と笑

浜ちゃんが、「他球団のみなさん、佐々木朗希選手は欲しいとかは思われますか?」って聞いたら、スタジオにいた選手ほとんどみんな手を挙げて、そういうもの?って思った。

 

西武以外みんないたんだけど、西武だけしれっといないのもちょっと笑ったけど、みんな挙げるんよ?あ、狙ってたみたいなひとり以外ねい。そういうもの?

浜ちゃんが「ピッチャーよ?」って阪神の村上投手に聞いてたけど、この疑問ごもっともって思った。

 

ただ巨人の大城さんはガチっぽく感じちゃった。

セ・リーグ見ない私でも、魔の7回?8回?耳にしたもん。

 

この話題のときいちばん驚いたのが、浜ちゃんの元マネージャーがロッテの広報やってるって。そんなこともあるんね!吉本辞めてロッテに入ったってこと?

 

吉本興業、何年か前になんか騒動あって連日報道されてたけど、ダウンタウンの元マネージャーが現社長だか会長だかって見て、これだけ大企業で頑張れば社長になれる会社ってすごいなって思った。

和中さんはロッテファンで広報になったんかね?

 

あと浜ちゃん、売店行ってたら花火見逃したって言ってたけど、自分で行くことにびっくり。けっこうごった返してるけどねえ、マリンの売店付近。平日は余裕なのかな。

朗希と浜ちゃん、会ったことないよね。今後インタビュー受ける機会なり、あったらいいな。

 

益田さんがねい、彼(朗希)が投げている間は負けることはないと思います、って。

自分がバトンもらってからは分からないけど、って。

 

さすがにそれはないだろうけどさ、朗希が絶対負けないってことはね、ないにしろ、味方から、こいつが投げれば勝てる!って思ってもらえるのって、いいよねい。すごくすごくいいよねい。

チームの自慢が存在って、好きじゃない人からは絶対出てこない表現だと思う。

 

あとは選手会脱退報道ぐらいかな。あっ、大勢さんのインスタがあった!あれなに笑

大勢さん自分は見切れてるわ先輩の岡本選手も中途半端だわ、朗希も手が動いてた瞬間の写真みたいだけど、ほんとあれなに。楽しそうな場面で超うれしかったよ。

 

選手会は、さらっと調べた程度じゃ入っているメリットが見つけられなかったけど、なんでしょねー、みんな入ってるんだから入っとけ、的な話かな?

今までならもう少し調べて判断材料集めたけど、なんかホッとしたら疲れちった。しかも23年には抜けていたものを今さっき抜けたみたいな。もういいよそういうの。

 

 

 

その背中を見てる

 

ロッテの映画、行こう行こうと思いつつ1/20!毎年どーしてこうも1月は飛ぶように過ぎていくのか…とか言ってる場合じゃない、いちばん近所の映画館がいつまで放映か分からないし、はよせな。

ということで先に、今さらWBC映画の感想、と思ったけどそうだよもう20日じゃんね?

 

2/1からキャンプでしょ。それまでにもし契約更改なかったらどうなるん?任意引退自由契約?このへんのルールが知りたい。ということで調べた。

今回、朗希のせいで野球の知識増えたぞどうしてくれる笑

 

◆球団・選手間の契約期間は2月1日~11月30日。

◆空白の12月1日~1月31日も、選手保有権は球団にある。

◆契約更改は11月上旬ごろから12月中に終えることが多い?

◆交渉がまとまらない場合、「資格停止選手」となる。

◆球団が保有権を手放さない限り、選手は身動きが取れない。

 

”手放す”とは「自由契約」にしない限り。

自由契約」とは、特定の球団に所属していない状態のこと。

 

ただ参考にしにくいのが、調べて出てくる過去の事例が年俸額相違での話ばっかりなのよねい。

前提として、朗希の契約更改がまだなのが話がまとまっていないからだとしても、金額で折り合わないからっていうのは考えにくい。

 

ところで1億円に満たない選手の減額制限は25%まで、とのことだけど、資格停止選手の年俸については公式の情報出てこないねい。出場停止選手のは出たのに。恩情かしら。

 

ま、いいや。それよりキャンプよ。

楽天の辰巳選手も更改まだっぽいけど、キャンプ参加メンバーには入ってるのよねい。ということは、それは可能ってこと?

と、調べると、自費参加っていうのがあるのねい。

 

なーんだかよくわかんねーなー。

調べれば調べるほどこうなってきた。

 

自費といえど所属球団以外のキャンプに参加はダメなんでしょ?たとえばMLB球団とか。

フリーの状態に見える12月1日~1月31日も保有権は球団にあって、他球団と交渉もできないから、まとまらなければトレードされるか、最悪の場合は任意引退

 

じゃあカチコチにその2か月間も契約しとけよって話だけど、それだと辞めさせたい選手を自由契約にできないから空白の期間がある。

金額で揉めて調停制度を使った選手は、その後トレードに出されたり戦力外通告受けた人までいたらしい。

 

多少の矛盾点や不公平を感じるにしろ、規則が必要なのは分かるよ。

でも調停制度にしろ、MLB直契約にしろ、選手の権利っていうのかな。それを行使したらまるで仕返しみたいな、そういう手段に出るってどうなの。

 

ポスティングのルールが球団によってまちまちなのもおかしいし、密約的な単語が出るのもおかしい。物事に余白が必要なのも分かるけど、いよいよ恩を返してから、とかがどーでもよく思えてきた。

 

映画の感想って感じじゃなくなったから、ロッテの映画観てからまとめて載せるとして、朗希のインタビューから引用。(21.2.10 スポーツ報知)

 

うまくいかないときとか、それを改善しようと努力したけど全部がうまくいくわけじゃない。

頑張ったけど報われなかった、そういうことが多い中でも周りの人に負けないように立ち向かってきたことが、これからすごく生きる

 

ペースは人それぞれ。周りが、とか昔は、とか比べがちだけど

 前 例 は な く て い い と 思 う。

 そ れ は 僕 が つ く れ ば い い と 思 う の で 

 

朗希の言葉はグローブと似た黄色にしたいんだけど、見づらいのよねい。背景色とか変えられるみたいだし、いいのがあったら考えましょ。

 

さて。強調しまくったラスト2行。読んだ当時も凄いと思ったけど、改めて思う。

前例はなくていい。それは僕がつくればいい。

このインタビューは1年目登板がないながら一軍帯同だったことについて答えたことなんだけど、この当時をリアルで知らない私ですら、うるさかった外野は想像できる。

 

これ読んだときね、”周りの人”って誰かなって思ったのね。

”負けないように”、”立ち向かってきた”。

”これからすごく生きる”。

 

偉いよなあ。

朗希の更改が遅いことの2ちゃんまとめとかは見ていなかったんよ。けどつい見ちゃったら(あほ)、甲子園予選の最終戦で投げなかったのを、あのときだってそうだったじゃんって朗希のワガママとして書いていたのを見て、やっぱり見る価値ないと思った。

 

加えて、名前出して本当に申し訳ないけど、安樂選手のことと同等に並べて、朗希のほうが印象が悪いみたいなのあって、さすがのさすがに頭おかしいと思った。

すみませんけど安樂さんのって、勇気出して訴える人が出てきたら、犯罪で立証される件よね?

 

まぁさすがにこの人たちは元からファンじゃないか、アンチだろうけど、それよりロッテファンらしき書き込みがあって驚いた。あって、なんてレベルじゃなくて多くて驚いた。今回何よりこれに驚いた。ロッテの応援が好きで、ひいてはファン層もいい感じなんだろうと思い込んでいたから、失望しそうでヤバイ。

 

やっぱり知らず知らずのうちに他人に期待ってしてるものだなあと。

朗希は昔も今も、言い訳していない。

人のせいにしないで自分の人生を歩んでる。

これだけで、誰かに顔向けできないような人生じゃない。

 

 

 

注目の的であったこと

 

新年早々、朗希の保存してた画像、全消ししちゃったー。またイチからだわさ。でもまあ二度とお目にかかれないような画像はなかった……よね?

さて。

ひとつ前の記事の、早い時期からの高い注目度について、少し話していた記事(21.8.11)抜粋。

 

Q.ここ1、2年の『佐々木朗希フィーバー』は、高校3年生のとき、163キロを出したことに始まっているが、あんな早くに163キロを出さなければ良かったという思いもあるか

 

それはないですね。出してから球速のこだわりがなくなったので出そうと思えば、いつでも出せるんだ、って。

あれから、ピッチングの精度を上げることに集中できるようになりました

 

この記者、なんか苦手だなーって感じて、質問を極力カットして保存した。

主旨は変えてないけどねい。

~という声もあるが、って形で、逃げ道を設けて聞きにくいことを質問してる感じがしてね。なんか、正々堂々としてないなーって。

 

以下、全文。

 

21.8.11

Q.ヤクルト村上選手とホークス柳田選手の被本塁打について。

斎藤佑樹氏がプロ打者のすごさを肌で感じ「ストライクをとれなくなった」と話していたことがある。そういう感覚はあるか

どちらも明らかな失投だったので。村上選手のときは、コースが悪かった。あと投げたときに、ぜんぜん力が伝わっていなくて。

柳田選手は高校時代からテレビで見て実力のあるバッターだということはわかってましたし、投げた瞬間、甘いと思ったので

 

Q.悔しそうな顔、しませんね

ベストボールを打たれたのなら悔しいですけど、投げた瞬間、打たれるよな、って思ったボールだったので

 

Q.甲子園での登板は高揚感があったか

甲子園は甲子園でも高校野球プロ野球では違うということもあり、あんまり、そういうのはなかったですね。ただ、練習しているときに、ああ、ここが甲子園かという気持ちにはなりました

 

Q.クールに見えますよね

うーん、冷めているだけだと思います

 

Q.心の中には熱いものがあるんですよね。そういうのは見せないほうがいい?

そのほうがいいと思いますね

 

Q.評論家から物足りない、という声もあるが。吉井コーチも「まだ全力投球できる体ではない」と話していたように、意図的に抑えざるを得ない部分もある?

短いイニングならドーンといけるかもしれませんけど、先発ピッチャーというのもあるので、長いイニングで高いアベレージを出さないといけない。体が強くなったら、前半からもっと高いアベレージを出せるかなとは思うんですけど

 

Q.ここ1、2年の『佐々木朗希フィーバー』は、高校3年生のとき、163キロを出したことに始まっているが、あんな早くに163キロを出さなければよかったという思いもあるか

それはないですね。出してから球速のこだわりがなくなったので出そうと思えば、いつでも出せるんだ、って。

あれから、ピッチングの精度を上げることに集中できるようになりました

 

Q.1年前と比べると、明らかに今年は軽く投げているように見えます。何割ぐらいの感覚で投げている?

難しいんですけど……先発ピッチャーって、だいたい8割前後で投げていると思うんですよ。プロ野球の投手で10割で投げている人、ほとんどいないと思うんです。

10割の力で投げて、10割のボールが投げられるものでもないですし、スタミナ消耗も激しくなる。8割ぐらいの感覚のほうが、結果として10割のボールがいくこともあると思うんです

 

Q.ダルビッシュ選手が日ハム時代、「100の力で投げたら、腕が飛んでいくかと思った」と話していたそう。出力の高いピッチャーは、そういう感覚はある?

ありますね。思いっきり投げると、腕が飛んでいきそうな感覚があります

 

Q.高校時代、163キロをマークしたときも?

それに近い感覚があったと思います

 

Q.力を入れて投げるのは、怖さもあるわけですね

怖さというか、体で感じる危機感があるというか……。まだそこまで体の強さがないので、そこはあんまり無理しなくていいのかな、というのはあります

 

Q.1年目から体重の変化は

体重はそんなに変わっていません。大人の体になりきっていないので、トレーニングをしても、あまり効率がよくないと思うので。それよりも体の機能を高めることを重視していました

 

Q.ゆくゆくはダルビッシュ・大谷両選手のような体格を目指す?

そこはトレーニングをしながら自分が感じていく部分だと思うのですが、今の感覚でいくと、僕の場合はあそこまで大きくはしないほうがいいかなと思っています。

どんなに筋力をつけても、体のしなりをうまく使えないと故障しやすくなってしまうと思うので

 

Q.今、大谷選手が活躍しているが、体の使い方等、参考になる?

僕が言うのもなんですけど、器用っていうか。すごいなと思いますね

 

Q.大谷選手を見ていると、限界を自分で勝手に決めてはいけないものなんだなとつくづく思います

僕が言うのもあれなんですけど……

 

Q.言っても大丈夫だと思いますよ

日本人がメジャーでホームラン争いをしていること自体が信じられません。常識を覆されたと思います。僕もいずれは、常識を覆すようなパフォーマンスを見せられればいいな、と

 

Q.今、人類最速は169キロで、科学的にはほぼ限界と言われているそうです。でも佐々木朗希投手なら、170キロ以上出せる感覚はあるものですか

今は、その感覚は程遠いかなとは思います。けど、5年後、体つきとか、ぜんぜん違うと思うので、そのとき、どう感じているかで、(投げられるかどうか)決まってくるのかなと思います

 

Q.大谷選手も170キロを目指しているそうですが、先に投げたいですよね

まあ、僕は、170キロの前に、165キロを

 

Q.前半戦最後の試合日ハム戦で、公式戦最速157キロをマーク。後半戦は160キロも見られそうですね

わかりませんが、だんだん出力も上がってきて、自分の感覚と球速が一致するようになってきたのかなとは思います

 

Q.つい球場の球速表示は見てしまう?

バックネット裏に表示される場合は、見ちゃいますね。(バックスクリーンを)振り返ってまでは見ないですけど。球速がすべてではないんですが、自分の感覚と比べてみたいので

 

Q.後半戦に向け、具体的な目標はあるか

1試合でも多く投げて、最終的には、中6日で投げたいなとは思っています

 

Q.そのあたりは、もうコーチ陣と話し合っている?

してません。ただ、そうできるよう、準備はしておきたいと思います

 

Q.内情を知らないからでしょうか、もっと短い間隔でどんどん投げさせたほうがいいのではという意見もあるようですが、本人からしたら、投げられるものなら投げたいわけですよね

投げることが仕事なので

 

Q.そこはチームの方針や育成プランがあるわけですもんね

やらなければならないことの順番があるので。それをひとつずつクリアしていけば、(いずれは)1、2年目のこと(心配する意見)は忘れてくれるのかなと思います

 

Q.日本球界史上、ナンバー1の素材と言われていますが、そういうふうに見られるのは重く感じますか

むしろ、そのほうが、(自分自身も)将来性にかけてみたくなるので。1番になれるかもしれない、とモチベーションになります

 

ということで、早い時期からの注目については掘り下げられてないけど、163キロを高校時代に出したことは良かった、とのこと。そっかそっか。

 

黄色に色付けした朗希の言葉、大好き。若いのにすごいな、エライなって思う。

世の中のからくりを肌で理解しているというか、目標達成のために外野の声を右から左へ流せる芯があるっていうか。

21年8月の記事ってことは、朗希19歳?半端ないな。

 

「試合後はいろんな人が、ここが課題だ、もっとこうするべきだ、なんて言っているのを見かけましたが、そういう人の中で一体何人の人が19歳時点で佐々木投手より上だったんだろう

えー?って思ってしまいました!」

 

朗希のプロ初登板(21.5.16)後に、ダルビッシュさんが言っていたこと。

こういうこと言ってくれるの、うれしいな。

 

続けて、

「これからも(これから『は』?)他人のネガティブな発言を基本無視して、ネガティブさは自分自身で持ちながら成長していって欲しいなぁと思います」

 

なるほどなあ。高慢になれ、とは言っていないのがすごい。

短く文章をまとめることに才能ゼロの自分としてはそっちでも見習いたい。

名言集とか見るの好きなんだけどねい、サン・テクジュペリの

 

完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である』っていうの、ハッとした。気づけば、教えてもらえばできるものじゃないけど、知られたことは大きい。

 

で、なんの話でしたっけ。

そうそう、『1、2年目のこと(心配~)』の()内は記者の言葉だよね。こういうのもイヤだったこの記者。心配する声?笑わせんな。

どこからも嫌われないよう、誰からも非難されないようとしてるのが透けて見えるいい子ちゃん記事キライ。同じ土俵に立っていない感じがする。

 

とはいえ、朗希の応答には、いいな、と感じる部分が多かった。引き出したのは記者の力なのかな。